第6感で感じる快適さ

KANSOモデル棟第1号を新オフィスとして使い始めて3週間が経つ、もるくす建築社の佐藤欣裕氏に、実感を聞いてみました。「室温はすごく安定している。自分が住んでいる省エネ建築の自宅と比べて、マテリアルの質感が圧倒的で、何か、第6感で感じる心地よさがある」という回答をもらいました。現代の省エネ建築の合言葉は「断熱」ですが、KANSOでは、「蓄熱」と「調湿」を主軸にしています。「断熱性能」は、空気の温度差があるところでの、マテリアルの熱伝導率に基づいて導き出されます。空気の温度を基準にしたとき、その空気に挟まれたマテリアルが、どれだけ熱を逃しにくいか、ということを表現しています。一方で、「蓄熱」は、マテリアルが熱を「吸熱」したり、「放熱」したりするマテリアル自体の性能です。空気の温度は基準ではないし、直接的には関係ありません。また、断熱は、熱の「伝導」と「対流」をベースにしたマクロ物理学の理論で明確に説明できることですが、「蓄熱」では、熱を持った物体から出る「電磁波」の放射と吸収という、ミクロの量子力学の世界の事象が中心になります。マテリアルの放熱や吸熱の量やスピードや深さは、マテリアル自体の絶対温度や分子や細胞の構造によって変わってきます。様々なパラメーターがあり、流動的であり、簡単に数字で説明することが難しい事象です。現代の建物のエネルギー性能は、マクロの事象を扱う熱力学の「断熱」を中心的な指標にして計算されています。「蓄熱」も、建物エネルギー証書の数字の算出の際、一応考慮されてはいますが、大雑把な概算式であって、蓄熱のマクロの世界の「母音」はある程度表現できていても、ミクロの世界の「子音」は含まれていません。証書のエネルギー性能は同じ値の建物であっても、蓄熱や調湿性能が高い建物の方が、実際のエネルギー消費が低い、という「不思議」な事例は沢山ありますし、または室温が18℃であっても、マテリアルの電磁波による熱放射作用によって、体感温度は22℃くらいに「快適」に感じることは、住んでいる人が経験しています。「佐藤さんが言う第6感というのは、ミクロの量子の世界のことかもしれないね」と私は返しました。ミクロの量子論の世界は、マクロの世界(人間の一般常識や感覚)とは全く異なる現象と原理があります。私はそれに魅了されている1人ですが、理屈で理解しづらい不思議で神秘的な世界です。物理の世界では、マクロとミクロの世界の大きな隔離を埋めるための研究が進んでいます。最近、ネットで見つけたのですが、2017年に、東京大学の研究チームが、マクロの世界の熱力学第2法則を、ミクロの世界の量子力学から導出することに成功したようです。これは画期的なことです。https://www.t.u-tokyo.ac.jp/…/setnws…

【KANSO建築 構造見学会】

 参加費無料11月21日(土)午後、秋田県仙北郡にて「KANSO」建築の見学会を開催します。「KANSO」は、スイスの建築家 サシャ・シェアと、日本の建築家 佐藤欣裕(もるくす建築社)と ドイツ在住の池田憲昭(私)がチームを組んで昨年から準備してきたものです。

日本でのKANSO実験棟が現在、もるくす建築社の新オフィス「美郷アトリエ」として建設されています。21日は、立ち上げが終了し、断熱施工中の予定です。

KANSOは、名前のとおり、自然素材を使い、シンプルな構造、機械設備をできるだけ使わなくて済むシンプルなソリューションです。暖房も冷房も機械換気も、おそらくレンジフードも使う必要がない、年中快適な室内環境を保てる建物を設計、建設しています。その秘訣は、質量のある自然素材の躯体をベースに、蓄熱(調熱)、調湿、消臭、除菌、という自然素材が持つ多面的な機能を効果的に活用することです。

案内はこちら
https://www.kanso-bau.com/fileadmin/Medien/Download/20201121_KANSO_Event.pdf

スイスの建築家のシェアとドイツの池田は、当日ZOOMにて現場と繋がります。